スポンサーリンク

~腸内フローラダイエット~

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
食べても太らない人は、腸内フローラのバランスがよい人です。
痩せやすい体質になるには腸内フローラの改善が必要ですが、日々の食事内容が、ファーストフードに偏っている場合は、まず低脂肪、高食物繊維の食事を心がけることです。
大腸の働きをを活発にするには食物繊維を積極的に摂ることが大事ですが、腸内フローラのバランスは、努力しだいで3週間ほどで整うといわれています。

スポンサーリンク

そもそも腸内フローラとは?

腸内フローラは腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)のことです。
腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類があり、この割合が善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌 7割の状態が最も理想的なバランスと言われています。
生まれつき腸内バランスの良い人もいますが、そうでもない人も睡眠や運動、食事などの生活習慣を見直すことで、腸内細菌のバランスをよくすることができます。
3種類の腸内細菌はそれぞれ次のような働きをします。

①善玉菌は、腸の運動を活発にします。ビフィズス菌や乳酸桿菌、フェ―カリス菌、アシドフィルス菌などです。

②悪玉菌は、有害物質を作る菌です。クロストリジウム(ウェルシュ菌など)、病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌などです。

③日和見菌は、体調が崩れた時には悪玉菌に変身してしまう菌で、バクテロイデスや連鎖球菌、大腸菌などです。

腸内細菌のバランスが悪いと免疫力が低下してしまいますが、痩せやすい体質や若々しい肌を維持するためにも腸内フローラを改善することが大事です。

痩せ菌とデブ菌について

痩せ菌(やせフローラ)はバクテロイデーテス類と言い、脂肪を燃焼させる働きをします。
一方、デブ菌(肥満フローラ)は、ファーミキューテス類と言い、脂肪をためこみます。
この痩せ菌が6割、デブ菌が4割が理想と言われています。

痩せ菌のもとは、発酵食品や野菜類で、ビフィズス菌を含むヨーグルトやチーズ、納豆、味噌、ぬか漬け、キムチなどの発酵食品や海藻類、大豆類、きのこ類などです。
デブ菌のもとは高脂肪で高糖分の食品で、ラーメンやハンバーガーなどファストフード類などです。

腸内フローラを改善するには、食生活がデブ菌主体か痩せ菌主体かを知ることです。
普段の食事内容が発酵食品や野菜の摂取量が少ないないなら、毎日の食事を工夫してみましょう。
しかし、腸内は人によって違い、効果的な発酵食品や野菜も違ってきます。
自分に適した食材を見つけるには、何か一つの食材を選び最低でも2週間は食べ続けてみることです。
例えばヨーグルトは、一般的にはフィズス菌が入っているものがよいと言われていますが
銘柄は色々あります。
体調に変化が見られないようなら再度、別の商品を試して自分にピッタリのものをみつけましょう。
また、外食中心だと野菜不足になりがちです。ニンジンなど赤い野菜のビタミンA 、ブロッコリーなど緑の野菜や柑橘類のビタミンC、ナッツ類のビタミンEなども意識して摂取するようにしましょう。

腸エクササイズで腸内フローラの改善

腸内フローラを改善するには運動動不足や睡眠不足、ストレスなどを解消することも大事です。まずは簡単にできる腸エクササイズを生活に取り入れて腸を活発にしましょう。

① 体側ねじり
床に足を投げ出して座り、右足は伸ばしたままで左ひざを右足にかけて右手のひじで押し、顔はます。

②体側伸ばし
足を肩幅に開き、両手を上に上げ、手首を交差させて手を組みます。ゆっくり右に体を傾け、左側にも体を傾けます。体側を伸ばすことで腸に刺激を与えます。
次に壁を背にして立ち、右足を左足にクロスさせ、上半身を前に倒します。反対側もおこないます。

③腸もみ
足を肩幅に広げて立ち、右手を右の腰骨に、左手は左のろっ骨の下に置いてモミモミします。反対側も同じようにおこないます。次におへそを中心に「のの字」を書くようにマッサージします。

腸をキレイにする方法

腸が汚れているとはどういうことなのでしょうか?
便が滞っていたり有害物質が腸内にたまって腸の働きが悪くなることをいいます。
原因は便秘だけでなく、運動不足や睡眠不足、ストレスなども関係しています。
昔から「快食、快眠、快便」は健康のもとといいます。
無理なダイエットでご飯やパンなどの炭水化物を一切取らないでいると、便のかさは減り
スッキリ感が得られません。
また、一日中頭だけを使うデスクワークだと、運動不足になり大腸のぜん動運動が鈍ってしまいます。

腸のしくみ

私たちが口から食べたものは食道を通って胃に入り、5~6時間かけて分解され粥状になって十二指腸に運ばれ、脂肪が分解されます。
次に小腸で消化吸収され、余分な食べかすが大腸に送られ、肛門から便が排出されます。
小腸や大腸の働きが悪いと、ガスがたまったり便が出にくくなったりしてしまいます。

まとめ

腸内フローラのバランスがよいと痩せやすい体質になります。
快眠快食快便を心がけ、なるべく体を動かすようにすると腸内環境が整います。
痩せるお茶やサプリなども多く出回っていますが、まずは自分の生活スタイルを見直すことからはじめてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする