スポンサーリンク

1ヶ月で5キロ痩せ!?

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
ダイエットを使用しようと思っていてもなかなか始められない。というか、ダイエットしているつもりなんだけど痩せられない。と言う人。たくさんいるかと思います。1か月で!とか、3か月で!とか、期限を決めてしまうと逆にプレッシャーになってしまいますので、今回は「いつまでに」というワードは置いておいて、確実に5キロ痩せられる方法を紹介できたらと思います。

その1 カロリー計算

 今でこそ、糖質制限ダイエットがかなり存在感を表していますが、それでも今なお頑張っているのが「カロリー制限ダイエット」です。食べたカロリー。運動したカロリーをきちんと管理すれば計算通りに体重が減っていくため、ゲームみたいで面白いという人もいます。
 1キロ痩せるためには、何キロカロリー消費すればいいか知っていますか?7200㎉です。つまり、摂取カロリーよりも、消費カロリーが7200㎉多くなった瞬間に、1キロ体重が減るという計算です。今回は5キロ痩せたいので、7200㎉×5=36000㎉を摂取カロリーよりも多く消費すればいいという事です。けっこうさらっといってしまいましたが、これって、かなり大変です!成人男女の基礎代謝を比べてみると、基礎代謝量のピークといわれている20才前の場合、男性は1,500㎉/日、女性は1,200㎉/日が平均と言われていますが、これが40才前になると男性は1,450㎉/日、女性は1,150㎉となり、加齢によって基礎代謝は低下します。
 基礎代謝とは、1日に何もしなくても消費するカロリーの事です。もし基礎代謝が1500㎉なら、摂取カロリーを1400㎉までに抑えれば100㎉マイナスになります。それを7200㎉までマイナスにした時に1キロ減るのです。だいたい大人だと一食が700㎉くらいなので、×3で、2100㎉。基礎代謝に通勤している運動量や日常生活で体を動かす運動量をプラスして、だいたい±0であれば体重はキープできます。
 今、体重に増減がないのであれば基礎代謝プラス運動量と、食事をしたカロリーのバランスがとれているという事です。それを、ローカロリーの食べ物に変えたり1駅分歩くとかで少し生活を変えてみれば段々消費カロリーのマイナスが溜まっていき、痩せることができます。地道な方法ではありますが、しっかり計算をしていれば確実です。もし食べ過ぎて体重が増えてしまったとしても、「今回〇〇㎉オーバーしたから、ここで減らそう。」とか計画もでき、慌てずに対処できます。

その2 糖質制限

 糖質1グラム当たり、4㎉あるのだそうです。なので、体重を減らしたいのなら、糖質は控えたほうがよさそうです。白ご飯には、約55gの糖質が含まれています。つまり55㎉×4㎉で、220㎉をご飯1杯で摂取していることになります。結局これもカロリー計算かーい!ってなってしまいますが、カロリーの中でも糖質のカロリーを制限するという意味ですね。そうはいっても、今食べているものがどのくらいの糖質量かなんて絶対にわからないので、結局は3食の主食の部分(ご飯、パン、麺)を減らしていくのが簡単です。糖質は、血糖値を急激に上げて太りやすい体にするのでカロリー以外にも太りやすい原因が潜んでいます。ただ、0にするのは危険ですよ。炭水化物は、3大栄養素の一つなので。

その3 運動で。

 運動で痩せるなら、筋トレ+有酸素運動が必須です!!2つをセットにして頑張りましょう。別々でも大丈夫ですが、セットのほうが相乗効果を期待できます。先に筋トレを10分ほどしてから、有酸素運動をしましょう。有酸素運動と言うと、気が重くなってしまう人は散歩程度でもいいと思います。できたら、会話ができるかどうか暗い早く歩いてもらえるといいのですが。そのセットでうんどうをしていくと、効果てきめんです。運動だけで痩せたいのなら、セットでの運動をおすすめします。運動前に炭水化物、運動後にタンパク質をとるといいですよ。
 

その4 生活習慣で。

 改まって、「今から筋トレ!」とはじめてもいいのですが、日常生活の隙間時間にスクワットなどをするのもいいと思います。朝起きたときに、トイレに行ったときに、お風呂から出たときに、などいつやるか決めて毎日やっていると体も引き締まりますし、基礎代謝も上がります。スクワットは全身運動なので全身の筋肉が鍛えられます。筋肉をつけると、ついていない人と比べて見た目が20パーセントも痩せて見えるそうですよ。隙間時間を有効活用してみましょう。なにも、スクワットでなくても、自分にあった筋トレでいいと思いますが繰り返しになって暇いますが、スクワットは全身運動なのでいい運動になりますよ。

まとめ

 今回、5キロ痩せる方法をお伝えしました。期間が決まっていませんが、毎日コンスタントに続ければ5キロ痩せは決して難しくないメニューです。また、これらのメニューを組み合わせればもっと大きな効果が期待できます。5キロ痩せれば、見た目にもかなり大きな変化が生まれますし、実際自分自身もとても軽くなった感じがします。「痩せたら冬、寒くなった。」と言っている人もいました。さほど我慢のいらないメニューばかりですので、よかったら一つでも実践してみてください!