スポンサーリンク

1日350gの野菜で痩せてキレイになる

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
50gの野菜とは、加熱しない野菜を両手に山盛りくらいですが、実はこの350gの野菜が毎日摂れていないのが現状なのです。
市販の野菜ジュースやサプリメントで摂っているから大丈夫と思いがちですが、自分の歯でよく噛んで食べると満腹感が得られるため、間食をせずにすみます。

スポンサーリンク

なぜ1日350gなの?

国が実施している国民健康栄養調査の結果などから、国は生活習慣病を予防して健康な生活を維持するには、毎日350g以上の野菜(そのうちの1/3は緑黄色野菜)を摂ることをすすめています。
現実には成人男性で約290g、女性で約270gが平均摂取量と報告されています。
男女とも20歳代~30歳代の野菜の摂取量の平均は、約240gと少なめです。
そんなことから、野菜を350g食べると痩せてキレイになれるといったダイエット法がモデルさんたちに広がったようです。

野菜を毎日350g摂ると本当に痩せるの?

その人によって体質が違うため、食物繊維を摂り過ぎるとかえって便秘になったり、野菜によっては食べ過ぎると太ってしまうこともあります。
また、野菜の摂取量を気にするあまり血や肉になるタンパク質やエネルギー源になる糖質を制限してしまうと、痩せても肌が荒れたり髪の毛が傷んだりしがちです。
野菜ダイエットで痩せてキレイになったモデルさんたちは、「野菜だけダイエット」のような極端なダイエットはしていません。
以下のような野菜がダイエットに効果的と言われていますが、キレイに痩せるためには肉や魚などのたんぱく質は毎食必ず食べるようにしましょう。
また、ご飯やパンなど全く食べないのも体によくありません。
ご飯やパン、麺類が好きでつい食べ過ぎてしまう人は量を半分にして、その分野菜を今までよりも多めに食べるようにしましょう。
ダイエット効果を早く得たいなら夜だけ炭水化物を抜き、具だくさんの温野菜スープを食べるようにすると体を冷やすことなく、スッキリと痩せます。

ダイエットに効果的な野菜

アスパラガス、キャベツ、トマト、レタス、キュウリ、大根、白菜、ブロッコリー、セロリ、ホウレンソウ、キノコ類、海草類などです。

多種類の野菜を上手に摂る方法

野菜は鮮度が大切なうえ、上記のような野菜を多種類摂るのは難しいものです。
外食でお昼の定食を食べた時に、ヒジキや切り干し大根の煮物、ホウレン草やコマツナのおひたしなどの小鉢やミニサラダががついていますが、これがだいたい70gくらいです。
この小鉢を5皿といったイメージで食べると、だいたい1日に350gくらいを摂ることができます。
生野菜にこだわらず、乾燥野菜や、ワカメやヒジキなどの乾燥した海草類なども利用しましょう。

野菜サラダは一工夫して召し上がれ

酵素たっぷりの生野菜は、やはり美容には欠かせません。
生野菜を食べる時にはオリーブオイル、エゴマオイル、ゴマ油、亜麻仁オイルなどの、美容や健康効果のある不飽和脂肪酸を含むタイプのオイルとともに、蒸し鶏や蒸し大豆といった良質のタンパク質もしっかり摂る必要があります。
コンビニでも買える鶏むね肉のサラダチキンやシーチキンの缶詰を加えることで、バランスのとれたサラダになります。
また、年齢を重ねるごとに筋肉内脂肪が増える傾向がありますが、この霜降り状態の筋肉になると、運動機能や糖の代謝機能もが低下してしまいます。
多種類の野菜をしっかり食べると、ビタミンやミネラル、食物繊維を摂取することができ、ダイエット効果だけでなく、生活習慣病やがん予防にもなります。

糖質を敬遠しないで!

早くダイエット効果が得たいと、どうしても炭水化物を抜きたくなりますが、
炭水化物を摂らずたんぱく質と野菜のみの食事を続けていると、動脈硬化になってしまうこともあります。
糖質は重要な栄養素です。
糖質について知識を持って摂取すると、健康的にダイエットを成功させることが可能です。
厚生労働省による報告では、ブドウ糖は少なくとも1日に約100gは必要と記載されています。
白ご飯なら軽く1膳、お餅なら1個が50gです。
食パン6枚切り1枚、うどん、そば各1杯がそれぞれの30gくらいになります。
例えば朝食のパンを半分にすると15g、お昼を定食メニューにしてご飯を半膳にすると25g、夕食をおかゆなどにすると50g~60gの糖質量になります。
後はおかずやデザートの食材にも糖質は含まれるので、その辺のところを意識しながら極端に糖質を取らない食事をしないことが健康的なダイエットの基本です。

その他の糖質を含む食材

カボチャやサツマイモ、じゃが芋は糖質が多いので、ダイエット中はポテトサラダやパンプキンスープなどは控えましょう。
また、フルーツではバナナやリンゴが糖質を多く含むので、フルーツを食べるならグレープフルーツなどの柑橘類やキウイなどがおすすめです。

まとめ

野菜ダイエットでキレイに痩せた人は、野菜だけを食べて痩せたわけではありません。
ダイエットの目的は、痩せて体型がよくなるとともに体調がよくなることです。
今まであまり野菜を食べてこなかった人は、無理をせず旬の野菜を食卓に乗せるようにしましょう。
今では年中様々な野菜が売られているので、どの野菜が旬なのか分かりづらいですが、スーパーなどで大量に売られている比較的値段の安い野菜が旬の野菜と思ってよいでしょう。
夏野菜ならトマトやナス、キュウリ、ニガウリなどです。
野菜を工夫して食べ、スリムな体型になりましょう。