スポンサーリンク

1日5食ダイエット

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
「食べると太る!太るのは嫌だがやっぱり食べたい」といった食欲のストレスから回避できるのが、1日5食ダイエットです。
1日3回の食事に2回の補助食を組み合わせ5食にしますが、全体の総カロリーは少なめにします。
食事と食事の間隔が長いと空腹感が強くなり、つい食べ過ぎてしまいますが食事の間に少し間食をすることで空腹感が抑えられます。
実はこの1日5食ダイエットは、海外のモデルさんや女優さんたちの間でもずいぶん前から実践されているポピュラーなダイエット法なのです。

スポンサーリンク

1日5食ダイエットが理想的なわけ

1日の食事回数を5回にすると、食事と食事の時間が短くなり、お腹が空いてもあと2時間すれば食べられるといった気持になれ、食べたい欲求がセーブされます。
空腹の時間が長いと血糖値の乱高下を招くため、1日5食ダイエットは糖尿病の予防にもなります。

1日5食ダイエットのコツ

空腹感が長く続かないように、間食の食材も事前に選んでおきます。
ナッツ類やチーズ、ビターチョコレートなど、少量でも空腹が満たされるものがおすすめです。
しかし、1日中何かしら食べているようなダラダラ食いは禁物です。
2度の間食もきちんと食卓で取り、よく噛んで食べるようにしましょう。

1日5食のモデル食

1日5食ダイエットでの時間割りとしては、朝食は6時 ~7時頃に摂り、間食は10時頃、昼食を12時~13時頃に、間食は15時~16時頃に、夕食は18時~20時頃に食べるといったパターンが理想的です。
一度に食べる量を少なめにして、2時間〜3時間あけてから食べるようにしましょう。
以下の例はコンビニでも買える手軽なメニューの例です。

朝食のモデル例

6枚切りトースト半分(100㎉)、ハムエッグの焼きトマト添え(150㎉)フライパンに卵1個、ハム1枚、ミニトマト3個を入れて焼き、レタスを付け合わせます。
飲み物は砂糖を入れない紅茶やハーブティーにします。

1回目の間食例

1回目の間食は、野菜ジュース(60㎉)と6pチーズ1個(50㎉)を摂ります。
仕事や家事の合間でもサクッと摂れて、ダイエット中に不足しがちなたんぱく質がおぎなえます。
飲み物は、グレープジュースやオレンジジュースなどは同じ量でも倍ほどカロリーが高いので、野菜ジュースにしておきましょう。

昼食例

主食には食物繊維が豊富で血糖値をゆるやかに上げる、玄米や全粒粉などの「茶色い系」の炭水化物や、麺類ならうどんやラーメンよりもそば(300㎉)がおすすめです。
基本的に昼食は何を食べてもOKです。
牛丼(650㎉)などはダイエット中はご法度と思えば思うほど食べたくなってしまいますよね。お昼にガッツリ食べても後の間食と夕食で調整すると、カロリーオーバーを防げます。
しかし、ご飯の大盛りだけは避けるようにしましょう。

2回目の間食例

お昼に食べたものによって3時ごろに摂りたいものは違ってきます。
ご飯やパン類、麺類などの炭水化物をしっかり食べていた場合は、ビターチョコ少量と無糖のコーヒーくらいにしておきましょう。
昼食を軽く済ませた場合は、夕食に炭水化物を抜くためコンビニのおにぎり(200㎉前後)などを摂っておくとよいでしょう。

夕食例

5食ダイエットで守りたいことは、基本的に夕食だけは炭水化物を抜くことです。
夕食にご飯を食べると、後は寝るだけなので確実に太ってしまいます。
炭水化物大好きな人は3時の間食におにぎりを食べ、これが夕食と自分に言い聞かせておきましょう。
夕食はおまけと考え、朝食や昼食で補えなかった食物繊維を含むキノコ類やミネラルを含む海草類、植物性たんぱく質が豊富な豆腐(100g当たり60㎉)や納豆などの大豆食品を摂るようにしましょう。
夕食はほとんどノンカロリー食を目指して、シジミやアサリなどのみそ汁で鉄分を補うのが理想です。
お酒は、ポリフェノールを含む赤ワインなどを少々飲むとよいでしょう。

ダイエットの危険性について

世の中全般に痩せていることが好ましくて太っていることが好ましくないといった風潮がありますが、必要以上にダイエットにこだわると過食症や拒食症といった病気になる可能性もあります。
これら摂食障害の病気の5割が、ダイエットが引き金となっているようです。
自分を冷静に見つめて標準体重で健康であれば、無理なダイエットに挑戦することはありません。

まとめ

ダイエットのためには1日の摂取カロリーを1,500㎉くらいに抑えるとよいと言われていますが、この数字は性別や体格、仕事の内容によって違ってきます。
モデル内容の食事を数回続けて、自分に合った摂取カロリーを設定しましょう。
人の体を健康に保つには、たんぱく質、脂質、炭水化物の摂取は欠かせないので、太るからと炭水化物を一切摂らないといった極端なダイエットはやめましょう。
3度の食事にたくさん食べてしまうと、糖を脂肪に変えるホルモンが大量に出て、体脂肪がつきやすくなりますが、1日5食ダイエットは、脂肪がつきにくい上、空腹によるストレスもないダイエット法といえます。