ダイエットの神様!?

こんにちはダイエットの神様です。
ダイエット歴は5年のダイエットの神様です。

このサイトを立ち上げた目的は!?

1.最小の努力で最大の効果があるダイエットを探す!!
2.少しでも多くの人がダイエットで成功したと言えるようなサイトにする事
3.ジムなどに通わないで瘦せたと言えるサイトにする事
4.ダイエットの神様になる事(W)
以上が目的です。
次にダイエットを紹介していくうえで大きくなポイントとして
1.ダイエットの方法
2.ダイエットサプリ
3.ダイエット成功例
4.ダイエットNGワード
以上のようなポイントで深く紹介していきます。

そもそもダイエットとは!?

①ググってみると!?

Wikipediaに下記のように書かれてます。(Wikipedia一部引用)
ダイエットは、名詞としては「規定食」という意味であり、動詞としては美容や健康維持のために、食事の量や種類を制限することである
先進国の人々は統計的に見ると糖分過多、脂肪分過多の傾向があり、(たとえば腎臓病患者数などと比較して)肥満に陥ってしまっている人の数が非常に多く、結果として diet を行う人の比率を見ると痩せるために行っている人が多いので、「diet」が “痩せるための食事制限”、という意味で使われているケースが多い。本来の語義におけるダイエット(規定食、食事制限)は、肥満対策だけでなく、健康維持を含めた様々な目的のために行われるもの。
また特に、日本においては痩せるための諸活動全般を指してダイエットと呼んでいる例が非常に多く、中には食事に一切関係しない痩身法までもがダイエットと呼ばれている例もある。
以上のことから日本では痩せるための諸活動全般をダイエットと言っているらしいです。

②Weblio英語辞書で引くと!?

下記の単語などが出てきます。(Weblio意味一部引用)
日常の(飲)食物、(治療・体重調節などのための)規定食、特別食、ダイエット、食餌(しよくじ)療法、食事制限、(デンマーク・スウェーデン・ハンガリー・日本などの)国会、議会
いろんな日本語訳が出てますが規定食が直訳だと思います。

③厚生省のページでは!?

下記のように書かれてます。(厚生省ページ一部引用)
食事の量を制限し、エクササイズや運動して減量すること。
極端な摂取制限は、リバウンドの恐れだけでなく健康に害を及ぼす。

本来、英語の「diet」は日常的な食事・食べ物を意味します。日本では食事の量や種類を制限する食餌療法のほかに、エクササイズや運動して減量し、痩せた体型を目的とする「痩身」と同義に使われています。
一般的なダイエットは、運動や基礎代謝などで消費するエネルギーよりも、食事で摂取するエネルギーを少なくすることで体重を減らします。一日の基礎代謝量は、成人男性約1500キロカロリー、成人女性で約1200キロカロリーです。
極端に摂取を制限したり特定の食品のみ摂取する偏ったダイエットは、一時的には体重の減量が期待できますがストレスがたまるうえに必須栄養素の量が不足し、食物繊維不足による便秘、マグネシウムやビタミンD不足による骨粗鬆症、鉄分不足による貧血、月経異常など健康を損なう恐れがあります。
規則正しい生活を送り、食事ではカロリー計算をして、決して無理にならないようにカロリー摂取を調整しつつ、ウォーキングやランニングなど適度な運動を長く続けることが、ダイエットを成功させる秘訣です。
厚生省の内容はおいおいページの中で説明していきます。

④農林水産省のページでは!?

ダイエットの定義はなかったものの正しいダイエットとはとだけありました
(農林水産省ページ一部引用)
正しいダイエットとは?
医師や管理栄養士等の指導を受けている方は、その指導に従って下さい。
まずはあなたの肥満・やせの程度をチェックしましょう。
肥満・やせの程度をチェック
体重を減らす必要がないと判定された場合には、ダイエットをする必要はありません。
農林水産省のページは厚生省のページにリンクしたりしてるので厚生省が管轄だと思います。

⑤ダイエットとは!?のまとめ

日本では一般的に痩せること全般をダイエットという定義が一般化している。
少し理屈っぽくなってしまいましたが、フランクに説明していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする